江川泰枝

保育士から、介護職へ

短大卒業後、保育士を5年勤めました。保育士もやりがいはあったのですが、保育士の資格を活かして、もっと世界観を広げたいと思い、専門学校で介護福祉士を取得。鹿児島の障がい児施設に入りました。 でもその施設は入所者へ対する扱いが大変悪く、耐えられず1年で辞めることに。その後専門学校に紹介していただいた介護施設に4年お世話になりました。

ユニットリーダーも任せられるようになりましたが、介護業務で腰を悪くしていたため、ハローワークへ相談。 そこでニュークリエイトに出会い、「ホームヘルパー」として入社しました。ホームヘルパーは、利用者様宅を訪問し、「掃除、洗濯、調理、入浴、買い物」などの生活援助を行う仕事です。

もともと人のお世話をするのは好きなので、ホームヘルパーの仕事は自分に合っていると思います。特にお掃除は大好きですね。

利用者様との関わり合いは楽しく、毎日があっという間でした。
もちろん楽しい時ばかりだけではありません。利用者様との意思の疎通がうまくいかずに、しばらくその現場から遠ざかったりしたこともあります。苦手と思っていても徐々に慣れていったりと様々なパターンがありますね。こちらが元気をもらったり、癒されることもあります。
大切なのは、お互いに「ありがとう」の気持ちを持って接することですね。

エリアリーダーとして奮闘する毎日

数年前からSouthOffice(宮崎市南エリア)のマネージャーを任され、スタッフの管理を担当しています。マネージャーは不測の事態に備えるため普段は現場には出ないので、現場好きな私は、ちょっと寂しい気もしています(笑)

仕事は、利用者様やスタッフのスケジュール管理からスタッフ育成を担当していますが、人を指導することって難しいですね。どうやったら成長できるかをいろいろ考え、日々葛藤です。

また、心のケアも大事な仕事です。スタッフは1人で現場に行って、1人で対応するので、悩みやトラブルを抱え込んでしまったりしないよう、こまめに声をかけて孤独にさせないことですね。自分もヘルパーをしてきたので、共感できることは強みかもしれません。場合によっては一緒に利用者様のところへ行き、問題解決することもあります。

スタッフ達が安心して現場にいけるよう、私たちがしっかりバックアップ体制を固めることが責務だと感じています。

ニュークリエイトの特徴は男性の管理職が多いことでしょうか。皆さん元気で明るく、よくしゃべります。男性が多いメリットは、大柄な利用者さんの介護補助が出来ることや、違う視点からの意見がもらえることですね。
お休みの日は、睡眠をたっぷり取ったり、ジムで体を動かしたりして過ごすことが多いですね。お芝居やミュージカル、音楽は好きなのでよく観劇旅行を楽しんだりもします。

これから入ってくる方へメッセージ

初心者の方でも一人立ちできるまで、きちんと先輩ヘルパーが付いて指導いたしますので、「私にできるかしら?」と迷っている方や不安な方も、安心してお越しください。在宅介護は自分の大切な人を看る時にも勉強になるし、何よりも利用者の喜ばれる顔が近くで感じられてとても楽しいですよ!!