ホームヘルパー派遣事業

ホームヘルパー派遣事業 指定訪問介護事業・介護予防訪問介護・障がい福祉サービス事業

お年寄りや心身に障がいを持つなど、一人では日常生活が困難な方の家庭へ訪問し、身体に関わる介護や家事の援助等の介助を行います。介護の必要な方々が、今ある力、隠れた可能性を引き出し、より充実した日常を送れるようにサポートするのがホームヘルパーの仕事です。

指定訪問介護事業(介護保険)指定4570103293号

対象者:要介護1~5の方

ホームヘルパーが利用者様宅を訪問し、排泄、入浴、食事等の身体介護や、買物、調理、掃除、洗濯などの生活援助を行います。

こんなとき
  • 排泄や入浴の介助をして欲しい
  • 食事の介助をして欲しい
  • 買物、調理、掃除、洗濯をして欲しい
  • 通院の送迎や身支度などをして欲しい etc...
◆利用料金の目安(月単位の定額)
利用時間 身体介護 生活援助
20分未満 165円
20分以上45分未満 183円
45分以上 225円
1時間未満 388円
1.5時間未満 564円
以降30分毎 80円増
利用時間 通院等乗降介助
1回/30分未満 97円
  • 利用する時間帯によっては以下の通り時間帯割増加算が発生します。
    • 早朝(6:00~8:00):1.25倍
    • 夜間(18:00~22:00):1.25倍
    • 深夜(22:00~6:00):1.50倍の割増加算
  • 処遇改善加算として、サービス利用料金に8.6%が加算されます。
  • やむを得ない事情で、かつ、利用者様の同意を得て、2人で訪問した場合は、2人分の料金となります。
  • 但し、通院等乗降介助のご利用の際は、別途定める運賃が発生します。

介護予防訪問介護事業(介護保険)

対象者:要支援1・2の方

利用者様が自力では困難な行為について、同居家族や地域の支え合い、支援サービスなどが受けられない場合には、ホームヘルパーによるサービスが提供されます。

こんなとき
  • ヘルパーと一緒に家事を行い、できることを増やしたい
◆利用料金の目安(月単位の定額)
利用時間 介護予防訪問介護
週1回程度利用 1,168円/月
週2回程度利用 2,335円/月
週1回程度以上(要支援2のみ) 3,704円/月
  • 処遇改善加算として、サービス利用料金に4%が加算されます。
  • 身体介護・生活援助の区分はありません。
  • 乗車、降車等の介助は利用できません。

障がい福祉サービス事業 指定4510100359号

対象者:障害程度区分認定者

ホームヘルパーが利用者様宅を訪問し、排泄、入浴、食事等の身体介護や、買物、調理、掃除、洗濯などの生活援助を行います。

こんなとき
  • 排泄や入浴の介助をして欲しい
  • 食事の介助をして欲しい
  • 買物、調理、掃除、洗濯をして欲しい etc...
利用時間 身体介護
・同行援護(身体を伴う)
・通院介助(身体を伴う)
家事援助
・同行援護(身体を伴わない)
・通院介助(身体を伴わない)
重度訪問介護
著しく重度
(+15%)
区分6
(要介護5)
その他
~30分 245円 101円
~1.0時間 388円 189円 210円 199円 183円
~1.5時間 564円 264円 314円 297円 273円
~2.0時間 644円 332円
15分毎に+34円
419円 396円 364円
~2.5時間 724円 524円 495円 455円
~3.0時間 804円 629円 594円 546円
~3.5時間 884円
30分毎に+80円
733円 692円 636円
~4.0時間 4時間以上8時間未満(30分毎)
~4.5時間 +98円 +92円 +85円
~5.0時間 8時間以上12時間未満(30分毎)
~5.5時間 +99円 +92円 +85円
  • ご利用のサービス料金に別途、特定事業所加算と処遇改善加算が発生します。
  • 定率負担・実費負担の軽減措置の対象者(世帯)の場合は、世帯の収入状況に応じて月額負担額が設定されます。受給者証をお持ちの方は記載事項をご覧ください。
  • やむを得ない事情で、かつ、利用者様の同意を得て2人で訪問した場合は2人分の料金となります。
  • 身体介護・生活介護のサービスを組合わせて1ヶ月に利用できる上限額が設定されています。
    上の料金表はかかった費用の1割負担額(利用者様負担額)を掲載しています。上限額を越えた場合は全額自己負担(10割)になります。但し、お支払い困難な場合は軽減される事もありますので介護長寿課にお問い合わせください。